×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

            絵本 マ 文 やまみず まるみ 山水 治夫  絵 遠藤誠


  






ハルくんは、おじいちゃんがだいすき。
おじいちゃんは、あさおきるのがはやい。
ハルくんなんて、いつもねぼうばかりしている

でも、あるひハルくんは、めずらしくはやくめがさめた。
おじいちゃんのへやにいってみると、 おじいちゃんはいなかった。

                    

 




                      1


 
 
 ふと、にわをみると、
おじいちゃんが おひさまをみながら、ブツブツ、、、いっていた。
「おじいちゃん、なにやってるの?」
おじいちゃんの、ヘンテコリンなことばだか、なんだか きこえてきた。
「ハレラマ!」 「なに? そのハレラマって、おまじない?」

ハルくんがきくと、おじいちゃんはいった。
「いいか、、、こころからの、きよきねがい。
それを、 おてんとうさまにささげよ」
「えっ? なに? おてんとうさまって?  きよきねがいって?」
「おてんとうさまは、おひさまのことじゃ。
きよきねがいというのは、ハル、おまえがこころからねがうことじゃ」

ハルくんは、めをつぶって、てをあわせてみた。
なんだかさわやかなきもちになって、おおきくのびをした。


                       2  



そこへ、 ハルくんのいもうとのミーちゃんがおきてきた。
「おにいちゃん。どうしたの?」といったとおもったら、
「アッ!! さいてる。チューリップがさいてる!!」
おはなのだいすきな、ミーちゃんがよろこんでさけんだ。

きのうまでは、かたいかたいつぼみだったのに、、、。
じつは、ミーちゃんには、ねがいごとがあった。
「もりのきや、おはなのようせいたちがみえて、 おはなしができるようになりたいよ」っと、、、。

おじいちゃんは、
「いつか、、、きっと、、、なれる」
こえがしたかとおもうと、もうすがたはなかった。
おじいちゃんは、いつもそうやって、
ふと、めのまえから すがたをけしてしまう。

                        3





ハルくんはおもいだした。
ハルくんが、まだちいさかったころ、
おまつりで、ぼんおどりたいかいがあった。
おばあちゃんが、ぬってくれたおそろいのゆかたをきて、
いえじゅうみんなで、なつのよまつりにでかけた。

ハルくんとてをつないでいたはずの、 おじいちゃんがいない。

 

 

 

 



                       4  

 



「アレッ? おじいちゃん、、、」
なきそうになったハルくんのめにとびこんできたのは、
やぐらにのぼって、たいこをドンドン!!たたいている おじいちゃんのすがただった。

おもわずひきこまれそう。
「おじいちゃん。かっこいい!」
ゆかたすがたがとてもさまになっていたんだ。
スーパーヒーローのようだと、ハルくんはおもった。

 

 


 

                          5

 



ヒーローといえば、せいぎのししゃ。
おじいちゃんが、いつかいっていた。
「いいか、、、くらまてんぐは、せいぎのししゃ。よわくただしきものをたすける」
おじいちゃんのスーパーヒーローは、きっとくらまてんぐなんだ。

「ぼくは、どうなんだろう? いまのぼくは、、、」
そう、いまハルくんのクラスでは、 なかまはずれにされているこがいた。
ハルくんは、そのこがきらいではなかった。
おとなしくて、いつもしたをむいてさびしそうだった。
ハルくんのほかにも、そのこにはなしかけてあげたいと おもっているこがいたが、
そんなことをしたら、こんどはじぶんがいじめられる。
たすけてあげるゆうきがなかった。

おじいちゃんのこえがしたようだった。
「せいぎのししゃは、よわくただしきものをたすける」
そのことばが、ハルくんのあたまのなかをグルグル、、、 とまわっていた。

                    
                           6
 






よし!きめた。ハルくんは、おじいちゃんがついていてくれるとかんじた。
「なかまはずれになってもいいから、いじめはしない。
じぶんのこころを、しんじようよ」

ハルくんは、つぎのひ、 おもいきってそのこにはなしかけた。
さいしょ、おどろいたかおをしていたそのこは、
なみだをためてやさしくほほえんだ。

ほんとうに、うれしそうだった。
ハルくんは、ドキドキしてたが、とてもうれしくなった。
はなしかけてよかった。もうだいじょうぶ。

それをみていたともだちも、すこしづつあつまってきた。
ほんのすこしのゆうきで、みんなしあわせになれた。
 

                       7
 
ハルくんは、
「おじいちゃん、ありがとう!! 
ぼく、もうじぶんの こころにウソをつかないよ。
ともだちとケンカはしても、いじめはぜったいしない」

そのとき、
「ハル、もうだいじょうぶだ。じいちゃんがおらんようになっても 、
いまのように、きよいこころでおったら、まわりのしぜんたちが、
ハルのことをたすけてくれる。きよいこころをもちつずけるんじゃ!!
 ハレラマ〜!!」
てんごくから、おじいちゃんのこえがした。

ハルは、こころのなかで、
「おじいちゃん、ありがとう。 おじいちゃんのおまじないのことば、
ハレラマ、、、って、ぼくのパワーのことばに するよ。 
ハレラマ〜 ハレラマ!!」
げんきがでてくるよ。 ハレラマ〜〜!!  

                       おしまい

                        8    
                 

HOME