×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2006年10月 九州の旅 
九州は二回目で2000年にハレラマで全国有線回りをして以来の旅でやんした。

苦手な飛行機での旅でしたが福岡空港に着いてからこれまた苦手なバスでの移動。苦笑 車酔い
の連続でした。(汗、、、)
まずは阿蘇山でした。(左の写真)当日は噴火口から有毒ガスが出ていて見学中止でした。この
山は外輪山の横の大きな山。中上からのしわしわな線が印象的でした。
そして右がくじゅう高原の花公園での休憩で出くわした地元の地ビール。その名も”くじゅう高原
ビール”
ですが、この女性は高橋さんといって社長婦人であります。僕がいってヴァイツエンを
うまい!うまい!って大声で宣伝してたらくるわくるわ!他の旅人たちも次から次からの注文で
笑いがとまらないって感じでした。よかったよかった♪ここはすぐ近くに工場とホテルがいっしょ
になってる施設があるそうで、今度の旅には寄ってみたいと思ってます。 この高橋さんとの話で
忘れられないことがありました。僕が銀河高原ビールの話をしたら(もちろん知っていて)僕が
銀河の味が一番好きです。と言ったら、「でも銀河さんと同じにしてもだめですしね。」って言わ
れたのだ。それはそうだなって感心した。自分独自のオリジナリティーが大事だもんね。頑張って
ください。
   

そしてその晩は熊本と大分の県境にある杖立温泉にとまりました。馬刺の有名な地らしいのだが
料理には無し、、、いかに安いツアーなのかの証明を見た気がしました。笑

翌日は、(下)かの有名な湯布院(由布院)で
泊まりはしなかったが4時間も自由時間があり、
そうだな〜5キロくらいは歩いただろうか。
楽しかったですよ。まず向かったのがもちろん、
地ビール!笑 左の写真の”ゆふいん麦酒”とい
う地ビール工場があると観光地図に書いてあるので、
そこを目指していくと、山水館というホテルがあっ
て”ゆふいん麦酒”を宣伝してあった。
そこのレストランヘ行くと、昼飯時を過ぎてたせい
か誰もいなくて僕がしばらく貸しきり状態。
すぐにヴァイツエンを注文して飲んだ。美味しかっ
たですよ。少し薄めだったけどね。

それからツアー友人達が遅れて着き、それからカワ
イのグランドピアノがあったので店の許可を得て数
曲弾きましたよ。調律が狂っていてなかなか気持ち
悪かったけど、なかなかいい気分になりました。笑
お店の人も大喜びしてくれました。

 

左下の写真は駅ですが後光がさしてますね〜笑 そして右下はNHK朝ドラでも有名になった由布岳
です。手前を流れる川を見ながら散歩したんだけど、サギはもちろん、カモ。そしてなんと大きさ
が70センチはあろうかと思うくらいのカメがひなたぼっこしてました。あんな大きな亀。自然の
川では初めて見ました。 何年生きているんだろう? 写真を撮ろうと携帯を出したら気付かれたの
か川へドブ〜ン。

    

 

    

その由布院の(正式行政名漢字は湯布院)の有名な(インターネットでNO3にもなったという)
ぷりんどらという菓子を娘のリクエストで買ってきました。 というかクール宅急便で送ったの
だが。 美味しかったですよ。

ただね、そこのお店は超人気だそうで、なるほど大勢の客が入っていたんだけど、お店の従業員が
殿様商売!っていう感じなんだよね。人間の一面を見たね。これで、この菓子が数年後、人気が落
ちて売り上げが落ちてきたらまた謙虚になるのかな?笑

この菓子を買ってから旅は2日目の宿泊地、大分県の別府温泉に着きました。ここでも料理は相変
わらずの団体料理でした。笑  しかし、高台にあってホテルの露天風呂から見る別府市内や海も
良かったし、空の流れる雲を一番前の寝湯(まくら木があって寝ながら湯に浸かってる) で見上げ
て、、、、最高に気持ちが良かったです。

そしてこのすてきな写真? 最終日に寄った福岡県にある柳川という所の川下り。そうです。一般
的には柳川鍋の、、そうドジョウの鍋の柳川です。(そこだったのですが、本当はドジョウでな
くってウナギ の本場だったのです。なぜドジョウになったのか、、、の物語りも聞きました。
長くなりますゆえ、省略させてもらいまする。)

川下りって最初聞いたもんだから、どんな山に行ってどんな渓流を、、、と想像したんだけど、
いけどもいけども市内っていう感じ、、、おかしいな〜って思っていたら、「着きました」の声。
???そうです。城跡の回りのお堀を(汚い水 笑)一周するものでした。笑

    

右上の写真。なんだと思います? ただの雑木林。しかし、その説明を聞いて僕はカシャ!ってやり
ました。この林の向こうに、オノヨーコ女史の生家があったそうです。
いまはないそうで、壊してしまってあるそうです。確かあの方はいいとこの出だったはず。
そういえば、お堀の内側に家があるんだもんね〜。その説明をしてくれたのが船頭というか船尾で
船を漕いでいた80のじいさん。ジョンレノンの、、、っていうのが「んじょんれのんの、、、のの」
っていう感じ。笑


最後に、今回のバスツアーでのガイドさんの松尾さん。
YUTOKUバスの(佐賀県)方でしたが、とっても良かっ
たよ。ユーモアもあって、時より聞かせてくれる歌がま
たうまかった。 音程もしっかりしてたし、言葉の区切り
がしっかりしてて、聞きやすかったですよ。
(一般的には歌のヘタな人がそうやるとごまかせるんだ
けど、実は僕も意識してやってるんだけどね。笑)
この方はヘタでもないのにそれがとても良くできていて
素晴らしかったよ。何曲も披露してくれたところを見る
と、昔は歌手志望だったのかもね。

とにかく、6年ぶりの九州。良かったですよ。今度また
いつ行けるかわかんないけど、今度は、佐賀県に行って
吉野が里遺跡に行ってみたいな。今年の春には青森の
三内丸山遺跡に行ったんで、北と南の遺跡を見比べて、
肌で違い、空気を 感じたいもんだ。

 

 

             フォトコーナーTOPへ戻る