×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

長野

小川村 瀬戸川皇太神社

ここはクモの巣の村でした。行ってみればわかります。笑 
しかし、それがまたすごくて芸術に感じました。神社は神々しいものでした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

筑北村 高谷神社

 

ブログにも書きましたが、この神社を探す時に
すぐに分からずに通り過ぎたのでした。ちょうどその
時に、岩手の桜松神社の不動滝以来である、甘い香り
が車の中でしたのでした。

もどり、(ああ、、さっきの甘い香りがした所の下
だったのか、、、)と見つけ、それから車を降り、神
社を参拝する前後に数度香ってきました。もちろん、
周りにある花や、藤とは違いました。

みなさん、もうお気付きと思いますが、この3枚の写真
の全てに光の玉が写っております。

 

この日は、2007/6/4ですが、当日と翌日5日に
長野県内の殆どの瀬織津姫の神社を参拝したわけですが、
数々映した写真の中でこの3枚だけに光りの玉が写って
おります。

甘い香りの事もありますので、僕は偶然とは思えません。

とにかく、とても神聖な雰囲気を感じました。
写真には橋も写ってますが、小川が流れ、近くには滝も
ありました。

当日、氏子の総代さんを探す為(CD奉納の為)近所の
お宅を訪ねたのですが、とても優しく、親切に対応して
下さり、総代さんは旅行中とのことで、後で渡しておき
ますと言ってくださったので、その方(奥様)と総代さ
んと2枚奉納させていただきました。

そうすると、その夜、その息子さんから瀬織津姫のCDを
聞き、感動しました。とメールをいただき、翌朝、奥様
からも感動したと電話をいただきました。

本当に嬉しかったです。

また必ず参拝したい神社となりました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

松本市 岩岡神社(携帯で撮った日付け入りの以外、以後写 真提供 赤城おろしさんです)

 

←これは、地元の氏子の方が教えてくださり、神社から5キロほど離れた
川の近くにある、大岩の上に立つ祠ですが、岩岡神社の元はこれだそう
です。大昔に川が氾濫して松の木が↓の岩に引っ掛かったので、今の場
所に神社を新しく立てたという伝説が残っているとのこと。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

伊那市 片倉天伯社

桜井区と川手区の両天伯社をもって「片倉天伯社」とするようです。
まず、 桜井天伯社から。

そして、川手天伯社です。

この写真は、僕が参拝した時に携帯で撮ったものですが、
川手天伯社を参拝し終え、氏子の総代さんを探している
時に、最初にたずねたお家の手前にあった倉なのか、町
の公民館的なものなのか、よく分からなかったのですが、
戸の上にこのような額が大きくありまして、この『水』
に感銘して思わず写したのでした。

瀬織津姫は水の神様ですし、、、

それからいろいろ尋ねまわり、総代さん宅に辿り着き、
次の尾片瀬神社へ向かう途中の一般道を車を走らせてい
たら、例の甘い香りがしてきたのでした。実は今回の長野
参拝旅では2箇所でこのようなことがあり、最初がこの
時でした。

そして、その後、高谷神社でもあったのです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

乗鞍高原 梓水神社 

 

冬の乗鞍、、、いいですね、、、

 

 

この神社は、彫刻がとても素晴らしいです。 この龍をご覧下さい。 1本の木からこのように彫刻する、、
まさに芸術ですね。 プロフィールにも書いてありますが、 僕の故郷は木彫で名高い富山県井波町(現、南砺市)ですが、
まさにこれは井波彫刻に間違いないと思います。 井波彫刻師はこのように全国から依頼を受け、全国にその芸術を残し
ております。 瀬織津姫もさぞかし喜んで下さっていることで しょう。

井波には瑞泉寺というそれはそれは大き
く雄大なお寺がありますが、

そこに彫ってある彫刻以来の感動を覚え
ます。

本当に実際に見ると声も出ないほどのも
のでしょうね。

ここにも必ず行ってみます。

 

 

 

左上にいるのは、雷鳥とのこと。
富山の県鳥は
立山でも有名な、雷鳥ですが、

ここ、乗鞍でもものすごく似合い
ますね。

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

梓川流域の神社
野々宮神社

倭姫=瀬織津姫の説がありますのでのせさせて
いただきました。

 

 

 

大宮熱田神社 

 

梓水大神=瀬織津姫です。 

美しい神社ですね。

しめ縄も素晴らしいですね。

 

 

 

 

 

八幡宮鞠子社 八幡神≒瀬織津姫の説もあります。

 

春日神社 

奈良井川と梓川が合流し、犀川と名を変える
場所にある。


瀬織津姫と何らかの関係がるのでは?
と言われている。

 

 

 

 

春日神社境内社・若宮八幡神社

写真提供の赤城おろしさんは
この拝殿の2m手前で桜の香りを感じたそうです。

瀬織津姫は桜の神でもありますから、、、

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

松本市 神林神社

 

瀬織律姫が(梓水神)となってますね。

このように瀬織津姫も無数の代わりの呼び方があり、
それをこのように( ) して丁寧に書いて下さって
いる神社は大変有り難いのですが、そうでない神社
が沢山全国にあります(祭神を書いて無い、知らない
神社も沢山ありますが)。

本当にこのようにしっかりと瀬織津姫の神名を明記
してくださると嬉しくてたまりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

松本市 横川天伯社

 

古いですが、風格がありますね。

ここは表向きには瀬織津姫とはなってない神社
ですが、天白神=瀬織津姫の説があることから
のせさせていただきました。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

千曲市 郡笹焼神社

 

撮影中、
「この神社の氏子」と言うオジサンに聞いた話では…


1.ここ(笹焼神社)は同じ町内に座す式内社
武水別神社の分社であり、   摂社、末社ではない。

2.「どなたが祀られていて(つまり、祭神は誰?)、
御利益は? 由緒書き(看板)はないのでしょうか?」
の質問に対しては、「知っているのは武水別神社の
分社ということだけで、祭神が誰だか判らない。   
由緒書は無い。ご利益なんてものはその時代時代で変
わるもの。
戦時中は戦勝祈願だったけど、
今は交通安全の神様だぁ」とのお答え。

                    

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

諏訪郡富士見市 尾片瀬神社

 

 

 

こじんまりして可愛い神社ですね。

 

ここでも氏子の方々がとても親切にしてくださいました。

ありがとうございました。

 

                     

 

                            戻る