×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鳥取 日本一姫密度が多い  その2

鳥取市 立川神社

瀬織津姫を祭る神社の数では今の所、日本で
三番目の数ですが、ブログでも親交のある
白兎の小使いさんの言葉をお借りすると、
密度で言えば、ダントツ日本一です。

それほど、この面積の狭い県に密集している
感じです。八頭郡あたりに集中してもいますが、
その八頭郡だけで10社も確認されているのです。
少ない県の数倍にもなる数です。これは今後の
重大な研究対象にもなりますね。

ちなみに、今回はその八頭郡には行けませんでした。
しかし、また鳥取に行くってことですよ(笑♪)

この立川神社はその鳥取県初の参拝神社となりました。
ありがたやありがたや、、、

 

 

 

桜谷神社

その白兎の小使いさんから直前に教えていただいた神社です。立川神社から10キロほどに
ありました。面影山という丘にいくつか神社がありまして、桜谷中学校の前あたりを入って
いくのですが、すぐあった鳥居あたりに車を止めようかと思ったんだけど、細い路地を軽四
だから大丈夫だろうと思い、、、狭い狭い所を入っていきました。軽四だから通れました。
ところがすぐに行き止まり、、、しかたなく民家の庭に止めさせていただいたんだけど、
そこが氏子総代さん宅で、やさしいお婆様が、何も説明もしないうちに、「いいですよいいですよ」
と向こうから声をかけてくれたんです。それから、実は武蔵の国から参拝しにきましたと説明を、、
ありがたくCDを受け取っていただけました。感謝。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

南部町 長田神社

ここは、島根県に近い町にありました。
とってもとっても素晴らしい神社でした。
今回の旅の指折りに入ります。

ぜひ、行ってみてください。

裏に真実がある、、、

ってことで、僕は最近、裏へよくむゎるのですが、

ありました。

荒神宮が。

由緒書き看板も何にもない神社でしたが、

これで、充分と思いました。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

オマケ

これは2/4。つまり旧暦の正月に泊まりました、

東郷池にある温泉宿にあったお菓子です。

持ち帰り、やっと8日に食べたってことです。笑

 

流石は、鳥取ですね。

白兎の小使いさんが泣いて喜びそうです♪

PS 僕も喜びましたヨ。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

智頭町 白坪神社

二度目の来因幡の最初の社は、ここでした。ごらんください。すごいことが書いてあるでしょ。
もうしょっぱなから感動いたしました。

 

虫井神社

ここの虫という文字が兎ににていますでしょ?流石は因幡の国です。

上市場神社

 

この神社は小さく地味でしたが、

どっこい、とんでもない発見がありました。

裏へまわると、、、こんな素晴らしい彫刻が

拝殿の側面にありました。

そして真裏の面の彫刻が、、、、

白兎の小使いさんこと大江さんが歓喜乱舞する

白兎でした。これはすごい発見で、大江さんの

ような研究家にとっても大発見のしろものでした。

よかったよかった〜♪

諏訪神社

小さく写 っているのが大江さん。

本当にお世話になりました。ありがとうございました。

ここには姫の名前を書いた由緒書きはありませんでしたが、

諏訪大社に祭られている建御名方命(たけみなかたのみこと)

と八坂刀売命(やさかとめのみこと)ですが、この、

八坂刀売命は瀬織津姫と同神といわれております。

あと、ここの灯籠にもうさぎが彫ってあり、

大江さんはまた乱舞しました。まるでうさぎの様に♪

よかったよかった!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鳥取市 東井神社

]

ここもよかったですね〜。二股の杉もすばらしかったです。
そして、拝殿の裏に、、、このようにお瀧さんと姫が祀られておりました。祭神瀬織津姫命
とも明記してありますね。うれしかったです。みなさん、ぜひ、裏へ、、、

北村神社

この北村神社で、これまで初めてという香りがしました。何か、キノコのような??
いっしょに参拝した大江さんも、なんでしょうね???と首をかしげておられました。
ここには、めずらしく月読命も祀られてますね。

湯谷神社

 

この神社も記憶に焼付いている社です。

ここは椿神社といってもよいくらいに、

参道の木が殆ど椿でした。

というか、鳥取県は椿が多い県でしたよ。

県花は、もちろん梨の花になっていますが、

鳥取で二十世紀梨が取れていなかったら、

まちがいなく椿が県花になっていたことで

しょう。

この石を積み上げたお墓でもないけど、

なんだろう?と興味をそそがれました。

 

賣沼神社(めぬまじんじゃ)

ここは鳥取県でも、むろん日本でも八上姫を

祀る神社として有名です。

詳しくはここでは省かせていただきますが、

僕はここで瀬織津姫を感じました。

すると、その直後、濃厚な甘い香りが漂って

きました。大江さんもびっくりされて、すぐに

現地の知人にすぐに調べて欲しいと電話されました。

すると、、、

高オカミの神と闇オカミの神も祀られていることが

わかりました。このニ神も僕は姫と思っているのです。

姫はサインをくれたのだと信じております。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

八頭町 加茂神社

この大鳥居は、鳥取一とのこと、大江さんの祖父が先頭に立って作ったそうです。
ご苦労様でした。そしてこの大額は、僕の実家、富山県の高岡の青銅器です。
そこしかこのような大きな銅の製品はつくれなかったそうです。流石は青銅器の町だ。
姫ここには、ミズハノメの神と市杵島姫 として祀られております。

 

 

赤倉神社

 

ここには、姫はミズハノメの神という名で祀ってありました。合祀四柱の内一つがそうです。

大江神社

前の赤倉神社もそうですが、この辺の特徴としてしめ縄が低いことが上げられます。
まるで、頭を下げよ、、、と言われているかのようでした。ここの大江神社は姫が
本殿合祀されております。

 

                          戻る